Jon Rubinstein氏がPalm, Inc CEOに就任へ

オリジナルの「Palm Pilot」を開発したPalm, Inc創設者の中で,最前線で活躍する最後の一人であったEd Colligan 現CEOが退職することになりました。新CEOはJon Rubinstein氏で,6/12をもって就任することになります。 Palm, Incプレスリリース「Jon Rubinstein Appointed CEO of Palm

cr.jpg


Colligan氏はJeff Hawkins氏,Donna Dubinsky氏とともに,オリジナル「PalmPilot」を開発した創設メンバーの一人として16年間に渡りリーダーシップを発揮していました。
当時の親会社であったUS Robotics社が3COMに変わり,Palm, Incとしてスピンアウト,その後,3人は独立してHandspringを設立し「Visor」シリーズを開発。さらにHandspringがpalmOne(今のPalm, Inc)に買収されてからは,Palm, Incでスマートフォーン製品「Treo」を開発し,今年のwebOS,Palm Pre発売に至ります。

Palm, Incが経験してきた栄枯盛衰は,まさにハンドヘルド製品,スマートフォーン製品の歴史と言ってもいいもので,その第一線で16年間活躍し,次の10年間を担うであろう次世代OS「webOS」と,その最初の製品である
「Palm Pre」を開発し,その発売を無事成功に導いた後に退任するColligan氏にはお疲れ様と拍手を送りたいです。Colligan氏はCEO退任後は休暇を取った後に,現在,Palm, Incに投資を行っているElevation Partnersに加わる予定です。

後任のJon Rubinstein氏は,2007年10月にPalm, Incの上級チェアマンに就任し,その当時,手を広げすぎていたPalm, Incの製品開発の方向性を修正し,Colligan氏とともにwebOS,Palm Preの開発を行ってきました。
今年2009年1月のPalm Pre,webOS発表時には自らがプレゼンテーションを行っています。

なお,Rubinstein氏はPalm, Incの前には,Appleにおいて1997年から上級副社長を務め,iMacやiPodなどの開発に深く関わっていました。

21.jpg


創設者メンバーであるColligan氏が去ることになったことは残念ですが,常に新しいマーケットを作る会社のリーダーを16年間継続して勤めてきた事を考えると,どこかで休息をとる必要があるのではと思います。
Colligan氏の退任は,Palm, Inc製品の次の礎となるwebOSとPalm Preを作り上げただけでなく,その最初の成功を見届けてからのもので,非常に前向きなものとして感じました。

Rubinstein氏がPalm, Incに入社して以降の活躍は言うまでも無く,開発工程の多くに関わったであろうwebOSとPalm Preの製品/パッケージングの完成度はさすがというレベルで,販売戦略も以前のPalm, Incの手法とは違う事を感じさせてくれました。

まだ,最初の製品であるPalm Preが発売されたばかりですが,既にコードネーム「castle」「pixie」というwebOS製品の開発も行っている事も含め,長期的なロードマップの元,着実な成長路線に転換しようとしているPalm, Incにとっては現時点で一番適任と言える人選ではないでしょうか。
Rubinstein氏の今後の活躍に期待したいです。

Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...