Penguin BooksのiPadコンテンツ

今月の3/26に発売?とか噂も出始めているiPad。

問題はコンテンツなわけですが,Penguin BooksのiPad用コンテンツのデモムービーが公開されてます。

動物の絵をタップすると鳴き声がする子供向けの絵本や塗り絵,人体の構造や機能などを収録した「Human Body」,都市案内「Paris」,星座マップ「Starfinder」などを操作しているところが映っています。

これを見ると,やはり,iPadとKindleはコンテンツではバッティングしないかもなあ。いや,良い意味で。

iPadのフルカラー・タッチスクリーンのマルチメディア性はKindleでは難しいし,反対に,Kindleのテキスト表示に特化した電子ペーパーな機能(プラス,その省電力性)をiPadで実現するのは難しい。

iPadはテキスト表示時の見た目をKindleっぽくは出来るだろうけど,Kindleのように電源オフでテキスト表示をさせておくことは無理。

ただ,触ったときに近未来だなー,おもしれー!ってなるのはiPadなんだろうな。

ううむ,どうしますかね。

M.Hirose

A.K.A author of palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA