MindNode 1.1


Mac OS X用のマインドマップソフトを考える」からの続き。

試用レビュー2本目はMac OS X 10.5以上対応のFreewareのマインドマップ「MindNode」。

インターフェイスはシンプルで機能も最小限,テキストのみの入力(日本語はOK),文字を大きくしたり小さくしたり,色を変えたりは通常のMac OS Xアプリケーションでの動作をほぼ同じなので,特に使い方を勉強する必要もなく使い始められました。作った書類にもアイコンがつきます。
マイナス面とすると,データが大きくなるとセーブの時にクラッシュする傾向があり。安定度は今の段階では厳しいです。オートセーブ機能があるので,クラッシュしつつもいくつか操作手順を替えて作り続けることは出来ます。
ノードのリコネクト機能は将来のバージョンで追加される予定。

画像の張り込みは出来ないですし,安定度のマイナス面はある。にせよ,Freewareであり,動作も軽快であることを考えると,とりあえず,アプリケーションフォルダに入れて使ってみてもいいかなと思います。今後のバージョン次第でしょうか。

M.Hirose

A.K.A author of palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA