Mac OS X用のマインドマップソフトを考える〜最終的に選んだのは…

「Mac OS X用のマインドマップソフトを考える」以来,6本のマインドマップソフトを試してきましたが,結局,「Incubator」「MiND PiECE」の二つを使うことにしました。

最初にあげていた条件からすると,ナヌー!って感じですよね。
スイマセン。

ボクも予想外の結論なんですが,いろいろ試用してみると,複雑に絡み合ったテーマを解きほぐして整理する場合にはシート機能を備えた「Incubator」を,画面を見ながらアイディアを出していく場合にはグラフィックが美しく,画面が広く使える「MiND PiECE」を使うのが一番理想的な形だということに気づいてしまいまして。

この両方の機能を備えたマインドマップソフトがあれば一番よかったんですが,残念ながら。

さらに,ぜーんぶ使えるけど最終的にセーブ出来ないからね,という「Incubator」の試用版の仕様も見事でした…。

だって,マインドマップって使っている内に,どんどん枝分かれが増えていって,さらに別シートで掘り下げて,そこからまたさらに…とか作り込んでいっちゃうわけじゃないですか。そこまでして作ったファイルを無しにしてしまうのは,生産性の向上を目指している身としてはかなーり辛いわけです。しかも,試用していくにあたって,同じテーマを何回も書いていくと,”おーっと,この連想で一つ何か解決したゾ”的なアレも生まれるわけで,それなのにそれなのに最終的にはセーブできない,ってことになると,やっぱ登録しとこうかな,マインドマップとしては相場の半分くらいだし,と思ってしまったわけです。ううむ。

まあ,マインドマップそのものは,これからも起こるであろう様々な問題を整理して,時間と労力を最小にして,大きな結果を得るためのツールとして使えるわけで,それを考えると決して無駄な出費ではないと思っとります。いや,無駄にしないゾという自分への自戒も含め…。

あと一つ。
今回,6本の試用レビューを掲載してから,マインドマップの作者のお二人とメールでやりとりさせていただきまして。楽しく有意義なやりとりであったことも書いておきます。アリガトゴザイマシタ。ボクなりのリクエストもお伝えしたので,もしかしたら将来的なバージョンには採用されるかもしれないなあ。そしたらば,嬉しい限り。

てなわけで,「Mac OS X用のマインドマップを考える」は一応,シメにさせていただきます。
でも,新しい何かが登場したときには,また試してみたいなと。何か情報あったときにはお知らせください。

M.Hirose

A.K.A author of palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA