1920×1080のフルハイビジョンムービーカメラ「Xacti DMX-HD1010」


サンヨーがXactiシリーズ「DMX-HD1010」をアナウンス。

小型・軽量のコンパクトサイズで1920(水平解像度)×1080(垂直解像度)のフルハイビジョンムービー記録が可能。画質面では、映像圧縮コーデックアルゴリズムの見直し、ガンマ特性やノイズリダクションなど信号処理系の最適化及びビットレート変更(12Mbps→14Mbps)による映像情報量のアップにより、解像感・色合い・暗所での画質性能をアップ。
フルハイビジョンの大容量データを高速に処理する「プラチナΣ(シグマ)エンジン」搭載により、4GBのSDHCメモリーカードに約37分※4のフルハイビジョン(1920×1080)記録が可能。
また,高速CMOSセンサーと「プラチナΣエンジン」により、秒300コマの高速度撮影も出来るようになっていたり,写真機能では,マルチぶれキャンセラー,ISO 3200の高感度写真撮影,秒7コマの高速連写機能などなど。

そろそろボクの今使ってるXactiも昔風なスペックに見えてきました…。

M.Hirose

A.K.A author of palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA