【解決例】iOS 5:「復元できませんでした」エラー(3)


iPhone 4の方は問題なくアップデート完了。

通知機能,便利で楽しいです。

着信音の追加購入では,スターウォーズ関連多数。セリフが多いです。各150円。

ワイアレスでiTunesに接続している様子は新味。まあ,すぐに慣れるんだろうけど。



で,ついでにサクッと,iPad Wi-FiもiOS 5にしちゃうか!と思って,Macに接続して,iTunes上でアップデートを選択して,しばらくほったらかしにしてみたところ,「復元できませんでした」エラーが出ました。

2〜3回トライしてみたんですが,同じエラーが出てきて止まります。

とりあえず,サポートページの「iOS: Resolving update and restore alert messages」の通りに対処。

  • iTunesを最新バージョンにする。(※iTunes 10.5(141)が最新版)

  • OSが最新版であることを確認。(※Mac OS X 10.7.2が最新版)

  • 他のUSBデバイスを外す。

  • セキュリティ設定をチェック。

  • コンピューターを再起動。


  • 効果なし。
    同じようにエラーが出ます。
    それでは,と,

  • 使っていなかったアプリを削除。

  • 起動しているアプリ終了。

  • WinterBoardのテーマを全部外す。

  • 再起動。


  • このうちのどれがあたったのかは解りません。が,3番目かな,やっぱし。

    同じような環境で,同じようなエラーが出た時には試してみると吉かもです。

    ちなみに復元後には写真などの転送が行われ(これが結構時間かかる),その後にいくつかの設定(位置情報の許諾,Wi-Fiアクセスポイント選択など)を行います。
    最後まで辿り着くと,この画面になります。

    IMG_0130.PNG

    もちっろん,楽しみますとも!


    =====

    追加@17:39
    @saurik氏は,「iOS 5アップデートで3200エラーが出る場合はAppleサーバーに殺到して,リクエストの半分が処理できないため」とツイートしています。なので,時間が経つと解決するかも?

    参考>
    Fix Error 3002 & Error 3200 During iOS 5 Update
    Apple iOS 5「Error 3200」は今や全世界のトレンドトピック」 ===== 追加@18:30 Appleのサポートページにある各エラーコードの情報。 「エラー 3000 ~ 3999 (3002、3004、3013、3014、3018、3164、3194 など)」は,通常、iTunes がポート 80 または 443 で gs.apple.com サーバに接続できない場合に表示されるそうです。
    Bookmark and Share

    Comments

    iOS5がリリース〜残り時間あと7分(ちょっと増えた)

    iOS 5がリリースされとります。 1.jpeg しかし,ダウンロード時間が1/3近辺から進まず,現在「残り時間は約6分」。 いつ終わるかな…。 あと,同時にMac OS X 10.7.2とかも出てますが,再起動が必要みたいです。 iOS 5アップデート完了後にした方がいいかも。 でも,こっちは割とサクサクとダウンロードできたので,先に済ませておくのも有りかもです。
    Bookmark and Share

    Comments

    アバターの特撮技術が盛り込まれた「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

    さて,このブログは”気になるアレ”ということで,ガジェット以外でも面白そうな事を書いていきたいと思いますが,とにもかくにも10/7から公開中の「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が面白そうなわけです。 アルツハイマーの新薬でチンパンジーが知能を得て,心ない人間との諍いの結果,反乱を起こすという内容。 「猿の惑星」と言えば,なんといってもチャールトン・ヘストン主演の第一作(1968年)の最後のシーンが印象的なわけですけど,猿の特殊メイクや,CG処理もかなり興味津々。 猿の表情は役者の表情をとりこんだもので,かなりリアリティが高い様子。 「アバター」以降,この手の技術がかなり発展しているらしいです。 出来れば,映画館で観たいなあ。時間作らなきゃ…。
    Bookmark and Share

    Comments

    Jobsの4週間前の最後のインタビュー


    THE WALLSTREET JOURNALが,Steve Jobsは自分の死期が近い事を知っていた,と報じています。

    Steve Jobs Knew The End Was Near Weeks Ago, Says Coming Biography

    本人公認の伝記の著者であるWalter Isaacson氏は,Jobs氏がCEOを離職した直後の,今から4週間前にインタビューを行っていたそうです。

    そのシーンは10/2411/1にそれぞれ発売が早まった,Walter Isaacson氏の「スティーブ・ジョブズ I」「スティーブ・ジョブズ II」の最後に登場するそうです。

    6217889454_1d6daa332f
    スティーブ・ジョブズ I」「スティーブ・ジョブズ II

    また,9to5Macは,Time Magazineに掲載されるIsaacson氏のエッセイの一部を紹介しています。

    A few weeks ago, I visited Jobs for the last time in his Palo Alto, Calif., home. He had moved to a downstairs bedroom because he was too weak to go up and down stairs. He was curled up in some pain, but his mind was still sharp and his humor vibrant. We talked about his childhood, and he gave me some pictures of his father and family to use in my biography. As a writer, I was used to being detached, but I was hit by a wave of sadness as I tried to say goodbye. In order to mask my emotion, I asked the one question that was still puzzling me: Why had he been so eager, during close to 50 interviews and conversations over the course of two years, to open up so much for a book when he was usually so private? “I wanted my kids to know me,” he said. “I wasn’t always there for them, and I wanted them to know why and to understand what I did.”


    数週間前,私はカリフォルニアのパロアルトにあるJobsの自宅を最後に訪れた。
    彼は階段の上り下りが出来ないほど弱っていたため,ベッドルームを1階に移動していた。
    彼は痛みに悩まされていたが,前と同じように頭脳明晰でユーモアは活気に満ちていた。
    私たちは彼の幼少時代について話し,伝記で使うために彼の父親と家族の写真をもらった。
    作家として,私は客観的であることに慣れている。
    しかし,最後のグッドバイを言おうとした時,悲しみが押し寄せてきた。
    自分の感情を隠すため,私はずっと当惑していた事について尋ねることにした。
    通常,とてもプライベートを大切にする彼が,2年の間,計50回のインタビューにも及ぶ,この本の取材を,なぜこれほどまでに熱心に受けてきたのか?
    私は自分の子供達に私自身を知って欲しかった。と彼は言う。
    私は彼らのために,いつも側にいてあげることは出来なかった。そして,彼らにその理由を知ってもらい,私が何をやっていたのかを理解してもらいたいと思ったのだ。





    Bookmark and Share

    Comments

    FREITAG TOKYO STOREが銀座にオープンするよ。


    アジアでの最初のFREITAG直営店が本日オープン。

    news_1_1.jpg

    FREITAG V30 SKID storage rackに1200種類のバッグを収納してます。

    これだけでも見に行きたい…。まあ,見たら欲しくなっちゃうんだろうな…。

    場所は銀座(東京都中央区銀座1丁目13−12)です。


    大きな地図で見る

    営業時間は平日が11〜21時,土日が10〜20時となっています。



    Bookmark and Share

    Comments

    RIP Steve Jobs.


    RIP Steve Jobs.





    Apple Press Info:Steve Jobs


    んー,正直参ったなあ…。

    なんか凄くテンション落ちてます。

    JobsがCEO退任した時から,なんとなく感じてはいたものの,実際に亡くなったニュースが流れるとショック大きかったです。

    しかも,後任のCook CEOの初キーノートセッションでiPhone 4S発表が済んでからすぐというタイミング。

    しかも,Jobsは,ギリギリまで細かい指示をしていた様子。>「アップル首脳、直前まで回復信じる ジョブズ氏死去

    しかも,「iPhone4Sの料金体系、7日に発表=ソフトバンク社長」によると,(iPhone 4Sの)次の作品まで仕込んでいる,という話。

    参ったなあ…。

    外出先でスタバに立ち寄って,Macbook Pro 13"を開き,Jobsが2005年にスタンフォード大学の卒業式典で行った,あのスピーチを見たりして…。





    いろんなところで紹介されているし,自分も何度も見ている動画なわけですけど。

    この中で語られる3つの逸話は,

    ・点を繋げる
    ・愛と喪失
    ・死

    最後の贈る言葉は「Stay hungry, stay foolish」。

    もし彼がこの世に存在していなかったら?と考えると怖いです。

    MacもiPodもiPhoneもiPadも無く,もっと言えば,Macが無ければそのコピーから始まったWindowsも無く,となるとパソコンがこれほど普及することも無く,となるとインターネットというものも,ここまで普及することは無いわけで…って,キリが無いのでやめますが。

    もちろん,それぞれの技術を一番最初に発見した人は他にいるわけですが,Jobsが戦略を練り,開発スタッフを叱咤激励し,パッケージング化し,交渉を行い,プレゼンで人々の心を掴まなかったら,ここまでの成功は無かったわけです。

    2005年から今年まで,おそらく体調的には厳しい時期もあったんでしょう。

    でも,それと反比例するように,彼の精神的な強さ,多角的な視野,聡明さは増していったように感じました。

    たくさんのワクワクを有り難う。

    RIP Steve Jobs.

    -----------



    REUTERS Steve Jobs: 1955 - 2011(1992年~2011年の写真)
    偉大な功績残した不世出のイノベーター、スティーブ・ジョブズ氏
    嘆きのサンフランシスコ ジョブズ氏の訃報を受けて
    米アップルのジョブズ氏、カリスマ経営者が残した言葉
    ビル・ゲイツ氏、ラリー・ペイジ氏、マーク・ザッカーバーグ氏などがジョブズ氏に哀悼の辞
    追悼 スティーブ・ジョブズ氏@Yahoo Japan
    スティーブ・ジョブズ氏の軌跡と託された想い

    ・「公式伝記「スティーブ・ジョブズ」発売変更いたします

    Jobs本人公認の「スティーブ・ジョブズ I」は10/24発売,「スティーブ・ジョブズ II」は11/1発売に変更されました。






    Bookmark and Share

    Comments

    Kindle Fire,既に25万台を受注か


    Cult of Androidによると,リークされたAmazonの販売データから,Kindle Fireは発表後の5日間で25万台以上を受注したことが明らかになったとのこと。



    screenshot_30.jpg


    Leaked Sales Numbers Suggest Amazon Kindle Fire On Track To Outsell iPad




    これは一日5万台ペースで,iPad 2が最初の一ヶ月に記録した一日8万台(平均)と比べると大したことがないように見えるけれども,他のタブレット製品の販売推移から見ると,かなりインプレッシブなものだとしています。

    また,同じソースによると,Kindle Touchは5日間で32000台とのことで,Kindle Fireの好調さが際立ってますね。
    参考:「Leaked Sales Data Puts Kindle Fire Sales At 250,000 Over Five Days」(TechCrunch) 「Leak suggests Amazon Kindle Fire may surpass iPad pre-sales」(BGR)
    Bookmark and Share

    Comments
    See Older Posts...