リリース間近のiOS4 for iPadの動画

おっと,だいぶ更新が空いてしまいました。 自分のアルバムの制作進行の方で,かなり時間を集中投入させてもらっていたので,こちらの更新は延び延びになっていました。すみません。 さて,その作業系もマスタリングも決まり,リリース日も決まったので,少し落ち着くかも?ということで,ぼちぼち更新を再開します。 ~~~ 9to5macが,来月リリース予定とアナウンスされている,iPad用のiOS 4 beta 3の動画をアップしています。 このバージョンでは,高精細の壁紙が追加されていることが解ります。 OSのアップデートだから,液晶表示の解像度が変わるわけじゃないけど,結構,印象が違いますね。そして,アプリが増える一方なので,フォルダ機能が待ち遠しいです。 ところで,アップグレードって無償なのかな。有償なのかな...。
Bookmark and Share

Comments

159ドルのカラー・ディスプレイ e-Reader「Literati」

NYTimes.com「Color Comes to an E-Reader」より。 MerchSourceが,フルカラー e-Reader製品として「Literati」を10月にアメリカで発売するそうです。 Literati-e-reader.jpg 25gadgetwise-literati3-articleInline.jpg Amazon Kindle,Barnes & NobleのNook,Sony Readerなどのe-Reader製品は,全てE Inkの電子ペーパー技術を採用していますが,これらは全てモノクロディスプレイ(Nookの下部画面を除く)です。 MerchSourceは,よりカラフルでリッチなカラー表示を求めるコンシューマー層を狙って,この廉価な「Literati」を開発したようです。 6インチのKindle(Wi-Fi)の139ドルに,プラス20ドルでフルカラーe-Readerが買えるという設定ですね。 解像度は400×800ピクセル。 ただ,この「Literati」はタッチスクリーンではなく,ウェブブラウズも出来ず,アプリケーションを追加することも出来ません。 ブック・コンテンツの管理はKoboで行い,iPhoneやPalm Pre,Blackberryなどのスマートフォンやデスクトップ,iPadを含むタブレットなどのKoboアプリで同期が出来るようになっています。 Merchandising.jpg コンテンツのダウンロード,インストールはWi-Fiオンリー。 25冊のパブリック・ドメインのブック・コンテンツがプリインストールされています。 今後は各社から,廉価なe-Readerが発売されるようで,Pandigitalからは「Pandigital Novel 7" Color Multimedia eReader」が200ドル前後で,copiaの製品に至っては5インチで99ドルからというe-Reader製品が発売されるとか。 e-Readerおよび電子書籍端末として使えるタブレット製品でも,年明けにはiPadの7インチモデル(これはまだ噂です)であるとか,HPからも今秋にSlateが,webOS搭載のPalmPadが2011年始めに発売予定になってますので,しばらく目が離せない盛り上がりになりそうです。
Bookmark and Share

Comments

iPad用のBluetoothキーボード付きケースが近日発売

前にアナウンスがあった,Shenzhen Paoluy Silicone TechnologyのBluetoothキーボード付きのiPad用ケース「BL-BKB76」ですが,先週金曜日にFCC認証を得たそうで,いろいろ仕様が出てきてますねー。 clamshell-100824-1.jpg wireless goodnessAppleInsiderによると, ・充電式バッテリー(スタンバイ・タイムは100日間,連続使用時間は90時間,充電は4〜4.5時間) ・AppleのiPodコネクター(USB)で充電可能 ・10分使わなかった場合にはオート・スリープする ・マグネット・クロージャー ・アメリカでは近日発売 ・イギリスでも発売予定 ・価格は59.95ユーロ,または,92.72ドル となっています。 テキスト入力をいっぱい行いたい人には便利ですよねー。ボクも少し欲しい。 今の所,重さの情報がありませんが,iPad自体が普通でも片手では辛い重さなので,このキーボード・ケースを使うのであれば,ネットブック的使用に割り切る必要がでてくるかもなあ。 その辺が悩みどころかもデス。
Bookmark and Share

Comments

「The Tower for iPad」がようやく


「The Tower for iPad」が出ましたねえ。

011.jpg
The Tower for iPad(通常価格900円,現在は450円)

mzl.niluboib.480x480-75.jpg


懐かしのビル経営シミュレーションで,資金とか収支とか住民のストレスとかを見ながら,ビルを拡張していくゲーム。SIM系が最初に出たときの,もう一つの流れだったように思いますが,じゃっかんうろ覚え。どうだったですかね。

とりあえず,懐かしさと発売特別価格につられてポチリ。







Bookmark and Share

Comments

エネループを充電している「Apple Battery Charger」ムービー


Appleの単4充電池セット「Apple Battery Charger」の開封,試用ムービー。




乾電池の接点の部分など,細かいところの作り込みはApple製品らしい工夫とデザインになってます。

そして,後半で,サンヨーのEneloopも充電してます。

推奨される組み合わせではないし,問題もあるのかもだけど,とりあえず充電は出来る様子。

うちにはなんだかんだEneloopが計10本以上あるんですよね。専用充電器も2台あるけど,Apple Battery Chargerでも充電出来るなら,そっちを使いたいかもなあ。

Bookmark and Share

Comments

Omnifocus for iPadのインプレッション

Omnifocus for iPad」,早速,使ってます。 同期設定も解りやすく(ボクの場合はMobileMe),設定完了するとサクッと今使っているデータを取得してきてくれました。 iPad版のインターフェイス・デザインも美しくて解りやすいので,やはり,このアプリが定番になるかもと思います。 IMG_0106.PNG 最初の画面。 同期せずに使う事も出来ます。 IMG_0107.PNG 同期先の選択肢も必要十分。 普段からMobileMeを使っているのなら,そのままMobileMeでの同期を行った方が便利です。 IMG_0108.PNG MobileMeに保存してあるデータを読み込み中。 読み込みスピードも早くなったように思います。 IMG_0109.PNG メインのウインドウはこんな感じ。 左上のノートとペンのアイコンは新規To Doの作成。 To Do項目は右側に表示されます。その一番右にあるボックスをタップすると官僚となります。 iPadではボタンが大きくなっていて,操作がやりやすいです。 IMG_0110.PNG 設定画面。 バッジに表示するTo Do項目の設定。 Safari用のBookmarklet機能はここからインストール。 IMG_0111.PNG 特定の場所で行うTo Doに設定するために,コンテキスト項目にロケーション設定をすることができます。 これで,近くにいるときに特定のTo Doが優先されるってわけですね。 IMG_0112.PNG 一週間の間に処理するTo Doを一覧できるわけですね。 インターフェイスもかっこよくて,新機能も盛りだくさんな「Omnifocus for iPad」。ちょっと高いけど,それだけの機能と使い勝手は確かにあると思いました。
Bookmark and Share

Comments

Omnifocus for iPadがリリース


ブログとかでは,いろいろ進行していた様子を見ていましたが,待望の「Omnifocus for iPad」がようやくリリース。

01.jpg

Omnifocus for iPad



OmnifocusはMac版iPhone版もあるんですが,GTDベースのTo Do(タスク)マネージメント・アプリとしては,かなり使いやすいです。

難点は,ちょっとお高い価格設定。
このiPad版も4,600円とかなり高く思えますが,Omni Groupの他のiPadアプリもそれなりにするので,60秒ほど躊躇した後に購入いたしました。使用感もそのうちに。

Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...