Kindle Fire,日本市場へは来年投入?

Kindle Fire」,日本へは発送しない事が解った時点で,一気にトーンダウンしてしまいましたが…。 KO-aag-apps._V166939197_.jpg Strategy AnalyticsはAmazonのKindle Fireについて,かなり好意的に評価していて,2013年末までに世界各国合わせて1,500万台を販売するだろう,というリサーチ結果をアナウンスしてます。 「Amazon to Sell 15 Million Kindle Fires By 2013 - Strategy Analytics」 Tablet and Touchscreen Strategiesのディレクター,Peter King氏は「第一印象は非常にポジティブ」で,先行して発売された競合他社のタブレット製品が不足していた,サイズ,機能,価格,ユーザー・エクスペリエンスの問題を解消していると評価しています。 結果的にGoogleのAndroid OSのシェアとアプリ数を増加させることになるだろうとのこと。 まあ,販売数は現状からの試算であって,変化の早いタブレット市場が今後どうなるかはその時になってみないと解らないので,なんとなく流しておけばいいかと思いますけど,こんな記述があります。
...and that it will expand availability to Western Europe, Japan and other developed markets during 2012.
”ヨーロッパ,日本やその他の国々では2012年に発売される予定。” 日本は来年ですか。 Amazonからの公式な発表ではないし,裏をとっている情報とも思えませんが,少なくともリサーチ会社の一つはこう考えている,という事になります。 …もっと早く出ないかな。 ていうか,普通に日本向けに販売して欲しいです...。
Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...