Amazon Kindleが日本からも購入可能に

ワイアレス・リーディング・デバイス「Amazon Kindle」が日本からも購入可能になったとAmazon.co.jpがトップページで案内しています。

earths-biggest-selection-450px._V251249388_.jpg

購入可能なのは「Kindle Wireless Reading Device (6" Display, U.S. & International Wireless, Latest Generation)」で,本体価格279ドルの他,送料20.98ドル,輸入税デポジット15ドル,合計314.98ドルとなっています。発売は10/19。

なお,国別に提供サービス詳細が異なるらしく,日本の場合には,

・Books in Under 60 Seconds(60秒以内に本をダウンロード可能)
・無料3Gワイアレス(月額課金無し,カバーエリアはこちらで確認出来ます。)
・280,000以上の英語タイトル,プラス,米国/インターナショナルの新聞,雑誌
・安価な本(New York Timesベストセラーズ,ニューリリースは11.99ドルなど)

の各サービスが提供されるとなっています。
関東近郊の3Gワイアレスのエリアは以下のようになっています。

kindle01.jpg

ということで,このKindleはWiFiじゃなくて,3Gを使うということみたいです。
なのに,無料。これは314ドルが安く見えてきた。

で,気になるのはコンテンツ。
読むものがなければ使いようがないので,いろいろ探して見ました。
デフォルト設定のAsia & PasificのKindle Bookの検索結果はこちら
検索数は289,456タイトルで上記の提供サービスにうたっている内容と一致します。
でも,ちょっと見た限り,この中にはあまり読みたいと思うものは無かったんだよなあ。

今度はリージョンをUnited Statesにしてみたところ,こんな検索結果が出まして,かなり分量が増えます。こちらは365,192タイトル。

このUSコンテンツの中には,Jazzミュージシャン必携の「The Real Book」シリーズもあって,これがKindleコンテンツで入手できるのなら,かなり欲しいです。なにせ,このシリーズは一冊5センチくらいの厚さがあって,いやになるくらい場所をとってるので。

41YDcIpMMPL._SL500_AA246_PIkin2,BottomRight,0,34_AA280_SH20_OU01_.jpg
The Real Book: Sixth Edition (Kindle Edition)


しかし,日本からリージョン:USのコンテンツが買えるのかどうか。
たぶん,買えないだろうな。リージョン分けしているのは権利関係なんだろうし。
これが買えるのだったら個人的には即買いな感じでしたが。

しかし,Kindleがこんなに早く日本で買えるようになるとは思わなかったです。
日本の新聞社や雑誌,書籍もKindleでの配信サービスを早々に始めて欲しいと思います。



Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...