Jobsの4週間前の最後のインタビュー


THE WALLSTREET JOURNALが,Steve Jobsは自分の死期が近い事を知っていた,と報じています。

Steve Jobs Knew The End Was Near Weeks Ago, Says Coming Biography

本人公認の伝記の著者であるWalter Isaacson氏は,Jobs氏がCEOを離職した直後の,今から4週間前にインタビューを行っていたそうです。

そのシーンは10/2411/1にそれぞれ発売が早まった,Walter Isaacson氏の「スティーブ・ジョブズ I」「スティーブ・ジョブズ II」の最後に登場するそうです。

6217889454_1d6daa332f
スティーブ・ジョブズ I」「スティーブ・ジョブズ II

また,9to5Macは,Time Magazineに掲載されるIsaacson氏のエッセイの一部を紹介しています。

A few weeks ago, I visited Jobs for the last time in his Palo Alto, Calif., home. He had moved to a downstairs bedroom because he was too weak to go up and down stairs. He was curled up in some pain, but his mind was still sharp and his humor vibrant. We talked about his childhood, and he gave me some pictures of his father and family to use in my biography. As a writer, I was used to being detached, but I was hit by a wave of sadness as I tried to say goodbye. In order to mask my emotion, I asked the one question that was still puzzling me: Why had he been so eager, during close to 50 interviews and conversations over the course of two years, to open up so much for a book when he was usually so private? “I wanted my kids to know me,” he said. “I wasn’t always there for them, and I wanted them to know why and to understand what I did.”


数週間前,私はカリフォルニアのパロアルトにあるJobsの自宅を最後に訪れた。
彼は階段の上り下りが出来ないほど弱っていたため,ベッドルームを1階に移動していた。
彼は痛みに悩まされていたが,前と同じように頭脳明晰でユーモアは活気に満ちていた。
私たちは彼の幼少時代について話し,伝記で使うために彼の父親と家族の写真をもらった。
作家として,私は客観的であることに慣れている。
しかし,最後のグッドバイを言おうとした時,悲しみが押し寄せてきた。
自分の感情を隠すため,私はずっと当惑していた事について尋ねることにした。
通常,とてもプライベートを大切にする彼が,2年の間,計50回のインタビューにも及ぶ,この本の取材を,なぜこれほどまでに熱心に受けてきたのか?
私は自分の子供達に私自身を知って欲しかった。と彼は言う。
私は彼らのために,いつも側にいてあげることは出来なかった。そして,彼らにその理由を知ってもらい,私が何をやっていたのかを理解してもらいたいと思ったのだ。





Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...