【解決例】iOS 5:「復元できませんでした」エラー(3)


iPhone 4の方は問題なくアップデート完了。

通知機能,便利で楽しいです。

着信音の追加購入では,スターウォーズ関連多数。セリフが多いです。各150円。

ワイアレスでiTunesに接続している様子は新味。まあ,すぐに慣れるんだろうけど。



で,ついでにサクッと,iPad Wi-FiもiOS 5にしちゃうか!と思って,Macに接続して,iTunes上でアップデートを選択して,しばらくほったらかしにしてみたところ,「復元できませんでした」エラーが出ました。

2〜3回トライしてみたんですが,同じエラーが出てきて止まります。

とりあえず,サポートページの「iOS: Resolving update and restore alert messages」の通りに対処。

  • iTunesを最新バージョンにする。(※iTunes 10.5(141)が最新版)

  • OSが最新版であることを確認。(※Mac OS X 10.7.2が最新版)

  • 他のUSBデバイスを外す。

  • セキュリティ設定をチェック。

  • コンピューターを再起動。


  • 効果なし。
    同じようにエラーが出ます。
    それでは,と,

  • 使っていなかったアプリを削除。

  • 起動しているアプリ終了。

  • WinterBoardのテーマを全部外す。

  • 再起動。


  • このうちのどれがあたったのかは解りません。が,3番目かな,やっぱし。

    同じような環境で,同じようなエラーが出た時には試してみると吉かもです。

    ちなみに復元後には写真などの転送が行われ(これが結構時間かかる),その後にいくつかの設定(位置情報の許諾,Wi-Fiアクセスポイント選択など)を行います。
    最後まで辿り着くと,この画面になります。

    IMG_0130.PNG

    もちっろん,楽しみますとも!


    =====

    追加@17:39
    @saurik氏は,「iOS 5アップデートで3200エラーが出る場合はAppleサーバーに殺到して,リクエストの半分が処理できないため」とツイートしています。なので,時間が経つと解決するかも?

    参考>
    Fix Error 3002 & Error 3200 During iOS 5 Update
    Apple iOS 5「Error 3200」は今や全世界のトレンドトピック」 ===== 追加@18:30 Appleのサポートページにある各エラーコードの情報。 「エラー 3000 ~ 3999 (3002、3004、3013、3014、3018、3164、3194 など)」は,通常、iTunes がポート 80 または 443 で gs.apple.com サーバに接続できない場合に表示されるそうです。
    Bookmark and Share

    Comments
    See Older Posts...