Verizonのスマートフォンの主流はAndroidに移行か

AllThingsD「Verizon’s Cure for CrackBerry Addiction: Android」が,Verizon Wirelessのスマートフォーン販売のシェアで,一年前には90%を占めていたRIMが,現在では20%を下回っているとの資料を掲載しています。 01.jpg ソースはITG Investment Research。 グラフでは昨年2009年の10月から急激に落ち始め,12月〜1月には50%をやや下回る数字をキープしていたものの,その後,徐々に落ちていき,2010年11月の時点では20%ラインを下回っています。 反対に数字を延ばしているのはMotorola。 2009年10月はAndroidベースのDroidがiPhoneキラーとして,かなり強力にプロモートされて発売された時期だったと思います。 実はDroid Pro,かなり気になってるんですよね。この機種なら,もう一回Androidスマートフォンを試してみたいと思います。 03.jpg
Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...