Jordan RudessのiPad用楽器アプリ「MorphWiz」


Dixie DregsやDream Theaterでプレイしているキーボーディスト Jordan Rudessが開発に携わったiPad用の楽器アプリ「MorphWiz」がリリースされています。

Jordan Rudess本人によるデモ演ムービー。




スニーク・プレビューなムービーも参考になると思います。






デモ演ムービーでも解りますが,音源には初期設定でもディレイとリバーヴがちゃんとバランス良くかかってます。
設定画面ではDelay Time,Feedbackやエフェクトの音量,コーラスのデプス(振幅の深さ),レート(速さ)も普通に設定出来るので,普通のエフェクト感覚で使えます。
ポリフォニックで,横に音程,縦にベロシティが割り振ってあって,たとえば,柔らかい音(下の方)でベースを弾きながら,右手でコードを強めのトーンで弾いたりも出来ます。
鍵盤の用に触っている状態ではないので,ちょっと音程がずれることもありますけど,今まで出ていた”なんとなく”な楽器アプリとは一線を画している感あります。

あと,触ったときに真ん中にビジュアルの反応があるので,解りやすく(ベロシティが強い場合には赤い色調になる),サウンドのクオリティを含め,キーボードとかを弾かない人も,とりあえず楽しめると思います。


Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...