2台のMacを使い分けるためのツールの覚え書き

2台のMac,プラス,iPhoneでうまくデータの同期がとれる方法を考えてます。
それぞれのサービスやアプリケーションによって,出来ること出来ないことや特徴があるので,なにを組み合わせたらよいものかと。なので,一旦,書き出して覚え書き。

screenshot_06.jpg
Dropbox

オンラインストレージ。
2GBまで無料。有料は50GBで99ドル/年。
パソコン上の操作感は一番違和感が少ない。
動作履歴が見れる。
メニューバーからフォルダ,サイトにアクセス可能。
iPhoneからも写真やPDFが見れる。
今の所,一番お気に入り。
多少大きなファイルのやりとりも楽になった。
Shareフォルダに入れて,右クリックでリンクをコピーして,渡したい相手にメールすればOK。
ただし,Dropboxのフォルダに入れても,ファイルはデスクトップ側に保存されているため,HDの空き容量を確保する目的では使えない。

参考ページ>
1Password 、Dropbox を使って2台以上の Mac で同期する



screenshot_05.jpg
Evernote

オンライン同期ツール。
iPhone,デスクトップ,Webサイトで音声ファイル,スナップショットなどを同期。
月に40MBまでのアップロードまでが無料。有料の場合500MB/月で45ドル/年。
特徴として,イメージの文字認識技術があるので,検索時に写真の中にある文字を検索できる事。
一時期インストールしたものの,意外に使わず。
iPhoneで音声や写真を撮るときには,それぞれ別のアプリを使っているからかも。

参考ページ>
Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)
Evernoteの基本的な使い方【チュートリアル編】



screenshot_04.jpg
MobileMe

AppleのWebサービス。
メール,オンラインディスク,iCal,アドレスブックの同期など。
有料のみ。年額9,800円。
Mac,iPhoneとの親和性は一番高い。
が,速度はいつも遅い。
現状,iDiskは遅いので全然使ってない。
iPhoneとのOTAでの同期は秀逸。



screenshot_03.jpg
SyncTogether

mark/spaceの同期ツール。
シングルユーザーライセンスで3台までのMacを同期可能。
有料49.95ドル。
MissingSyncシリーズのメーカーだけに,他のメーカーよりも同期関係のノウハウはあるのではないかと。
しかし,出来ることをみてみると,アドレスブック,iCal,Safariブックマークなどの同期はMobileMeでも出来るし,MobileMeを使っている人が追加で導入する価値があるかどうかは不明。

参考ページ>
MySync  (Macintosh間で、アドレスブック等の同期)



screenshot_01.jpg
fruux

システム環境設定パネル形式の同期ツール。
アドレスブック,カレンダー,タスク,ブックマークの同期が可能。
iPhoneは未サポート。OTA同期は開発中。次のバージョン0.9ではプリファレンス同期をサポート予定。

参考ページ>
SafariのブックマークとiCal、アドレスブックなどのデータを複数台のMacで同期させるPreferencePane『fruux』


ひとまず。



Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...