ACCESS,NTTドコモとオペレータパックの開発を開始〜FOMAでALP搭載へ


ACCESSが,ACCESS Linux PlatformがNTTドコモのLinuxベース共通ソフトウェアプラットフォームに採用され,NTTドコモとオペレータパックを開発し提供するとアナウンスしました。
Linuxベースの共通プラットフォームおよびドコモ向けオペレータパックの開発検討については,昨年12月にドコモ,日本電気株式会社,パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社,エスティーモ株式会社各社と合意に至っています。今回発表されたオペレータパックを利用するFOMA製品は2009年後半から順次発売を予定しています。

関連記事>
ドコモ、FOMA端末用オペレータパックを開発」(ケータイWatch)

Palm OSアプリも動く,HotSync出来るFOMAケータイ。来年が待ち遠しいデス。

Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...