webOSベースのFoleoが開発中か

electronistaが,webOSベースのネットブック「Palm Foleo」が開発中というアナリストのコメントを伝えていました。

090502.jpg


これはGlobal Equities Researchのインベスター・ノートで,アナリストであるTrip Chowdhry氏が主張していたもので,外観は以前に発表された「Palm Foleo」とほぼ同じで,OSにはPalm Preに使われているwebOSが採用され,ARMプロセッサー,Qualcomm Gobiチップセット(3G),駆動時間8〜10時間といった簡単なスペックも掲載されています。
また,現在はPalm, Incで働いている,元AppleのiPod開発スタッフも加わり,デザインを見直すことも行われているようです。

価格は3G無しの場合,他のネットブックと同様に399ドル程度になるようです。

Palm Foleoは,ネットブックという市場が立ち上がる前に,スマートフォーン・ユーザー向けのアディショナルデバイスとして,そのコンセプトが発表されましたが,その時点では用途に疑問を持つユーザーも多く,また,出荷直前には,経営陣に元AppleのJon Rubinstein氏が加わり,会社自体の戦略見直しを図った一環で発売中止となっていました。その発表時のOSはLinuxベースのものでした。

なお,その後,ASUSなどからWindowsベースの安価なノートブック製品が発売され,一般的にネットブックと呼ばれる製品の市場が形成されました。

Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...