ジョブズ公認本,読了。やっぱり必読かと。

スティーブ・ジョブズ本人の公認伝記「スティーブ・ジョブズ I/II」,読み終わりました。なんだか,あっという間でした。本人公認ですが,この内容は読んでもいないそうで,「どうせ,不愉快な部分もあるんだろう?だったら1年後に生きていたら読むよ」と答えていたそうです。なので,ジョブズをむやみに褒め称えるような内容でもなく,重要な出来事が登場する
Read More....

Bookmark and Share

Comments

Jobs氏「Androidは重大な窃盗であり,私はこれを破壊する。」(3)

Associated Pressが,Jobs公認の「スティーブ・ジョブズ I(10/24発売)」「スティーブ・ジョブズ II(11/2発売)」の中に収録されている,JobsがGoogleのAndroidとの対決姿勢を明確に語っている部分を紹介しています。Isaacson氏は,Jobsは2010年1月にHTCが,iPhoneの多くの人気機能を搭載したAndroidスマートフォンを発表した時に激怒したと書いています。Appleは訴訟を起こし,JobsはIsaacson
Read More....

Bookmark and Share

Comments

小さく軽く速くなった新型Kindle

Amazonが,6インチサイズの「Kindle Wireless Reading Device(Wi-Fi,Free 3G + Wi-Fi)」をアナウンスしています。Free 3G + Wi-Fiが189ドル,Wi-Fi版は139ドルで,8/27発売予定。 ・他のeリーダーと比べて,50%ベターなコントラスト ・直射日光下でも読める ・フォントを新しくし強化。くっきりと,より黒く表示 ・21%小さくなったボディ ・15%の軽量化 ・ワイアレス・オフの場合には
Read More....

Bookmark and Share

Comments

小規模なものが次のトレンド:「グーグル的思考」

今年(2009)に入ってGoogleをとりあげた書籍がいろいろ目に付くようになっているわけです。まあ,Googleのサービスはパソコン使っているユーザーなら,まず普通に検索で使うだろうし,Google MapなんかもiPhoneや携帯電話から使えちゃったり,YouTubeで(Googleのサービスとは知らずにかもしれないけど)ストリーミング動画を見たり。さらにちょっと詳しい人はGmailも使い始め
Read More....

Bookmark and Share

Comments

12種類の「ブレインルール」

Jeff Hawkinsの脳研究に関しての本を読んでから(詳しくは「ジェフ・ホーキンスの「考える脳 考えるコンピューター」」でどうぞ),脳の仕組みや使い方に興味が湧いてきて,いろいろチェックしているんですが,同じように興味を持った方には「ブレイン・ルール」も楽しめるかもです。本の冒頭にもあるんだけど,この本は,最近よく目にする,いわゆる”自称・最新
Read More....

Bookmark and Share

Comments

ジェフ・ホーキンスの「考える脳 考えるコンピューター」

PalmPilotを開発し,”ハンドヘルドコンピューターの父”とも呼ばれているジェフ・ホーキンスの脳に関する本。脳の研究に関しては,ハンドヘルドの開発よりも長く行っていて,おそらく本人のとらえかたとしてはこちらの方が本業なんだろうなと思います。「考える脳 考えるコンピューター」ジェフ・ホーキンス
Read More....

Bookmark and Share

Comments

オーディオブック:ハインラインの「夏への扉」

iTMSのオーディオブックコーナーに古典SFの名作「The Door Into Summer(邦題:夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF))」を発見。 いやあ,これ,ボクのかなり大好きな本なわけで。この時代にこんなによくできた,せつない系タイムトラベルものがあるなんて!と高校生の頃びっくりした思い出があります。 著者のロバート・A・ハインラインは「宇宙の戦士」という,その後のガン
Read More....

Bookmark and Share

Comments

読書関係:「金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密」

まだ続いてますよ読書関係。 今日は「金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密」。 「金持ち父さん貧乏父さん」のロバート・キヨサキ著のファイナンシャル・リテラシーな解説本。読み終わるまでの時間は正味2時間ほどでした。 帯に”13歳から大人まで”とあって,内容も最初の「金持ち父さん貧乏父さん」より解りやすい例えが多いので,前の本が長すぎ
Read More....

Bookmark and Share

Comments

読書関係:「レバレッジ英語勉強法」

読書関係。ドラッカーの本はさすがに時間かかりました...。 「レバレッジ英語勉強法」はさくっと読み終わります。約1.5日。 この本は,さまざまな業種で必須となりつつある英語を効率よく学ぶための1方法論です。短期間(3ヶ月が目安)で狭い範囲の偏った分野を掘り下げて,レバレッジをかけ,ブレイクポイントを作るコツ。最後の方には成功体験談と勉強アイテ
Read More....

Bookmark and Share

Comments

読書関係:「ビジネス頭を作る7つのフレームワーク力」

昨日はiPhone関係で並びながらも読書関係を消化。その時その時で時間を有効に使って自己投資をする。これもタイムハックなわけで。 「ビジネス頭を作る7つのフレームワーク力」。 勝間和代氏による,問題解決や自分のゴールに到達するためにヘルプになるフレームワークの考え方。ロジカル・シンキングもだけど,ラテラル・シンキング,マルティプル・インテリジ
Read More....

Bookmark and Share

Comments
See Older Posts...